SCHOOL 学校について

校長あいさつ

校長あいさつ

子どもたちが生きる世界、
そしてそこで必要な生きる力について
考えました。

勉強だけでなく、躾も含めて、プロの教師、そして学校に任せる。
家族で過ごす時は、自由な、愛情に溢れた時間を過ごす。
スイスの全寮制のインターナショナルスクールでは、週末も含めて、
学校を”第二の家庭”と考え、24時間、教育のプロが見守り、指導してくれます。
音楽やスポーツなど、子どもたちが興味を持ったことについて、専門の先生をつけてくれます。
また、週末のボランティア、ハイキングやロッククライミングなどのスポーツ、小旅行などの課外活動。
家庭ではとても提供できない、さまざまな機会や経験ができる場所、それがボーディングスクールです。
100年以上続く欧州のボーディングスクールの考え方と、
私自身のささやかな経験を振り返り、子どもの自立、子どもの可能性を考えた時に、
プロに任せるという選択肢が、もっと身近にあるべきだと考えました。
日本の子どもたちに、そして親たちに、ボーディングスクールという新しい選択肢を身近に考えてもらいたい。
そういう思いをもって、神石インターナショナルスクールを設立しました。
子どもたちの可能性。
それは、私たちの想像や期待をはるかに越えたものだと信じています。

学校法人 神石高原学園 理事長
神石インターナショナルスクール 校長末松 弥奈子

学校概要

日本の学校教育法第一条によって
定められている学校(一条校)です。

授業を英語で実施する英語イマージョンプログラムとして認定されています。
英語の授業では、インターナショナル・プライマリー・カリキュラム(IPC)*を実施
しています。(申請中)

IPC

IPC

インターナショナル・
プライマリー・カリキュラム

*IPCは2000年にイギリスのナショナルカリキュラムをベースに、世界中にあるインターショナルスクール向けに開発されました。IPCは世界90ケ国、1,800以上の学校に導入されています。

法人名 学校法人 神石高原学園
学校名 神石インターナショナルスクール
対象 小学校1年生〜6年生
開校 2020年 4月
校 長 教 頭 教 員 職 員 寮 長 ハウスペアレント

神石インターナショナルスクール

ロゴマークに込めた想い。

5人の躍動感あふれる子どもたちの動きで表現された
マークは、5つのコアスキルを表現しています。

1 五感で感じる力 2 知りたいことを学び探求する力 3 考えを表現し伝える力 4 違いを受け入れ認める力 5 周囲の人たちを信じ尊敬する力

施設紹介

map pop_icon
  • School 校舎

    School校舎

  • Classroom 教室

    Classroom教室

  • Library 図書館

    Library図書館

  • Dining ダイニング

    Diningダイニング

  • Play garden プレイガーデン

    Play gardenプレイガーデン

アドバイザー

  • Michael Rob Gray ロブ・グレイ 氏

    Michael Rob Grayロブ・グレイ 氏

    • Institut Le Rosey 前校長
      (2002年〜2019年)
    • Le Rosey 理事・上級顧問(2019年〜)
    • Le Régent International School 校長
      (2020年〜)

    神石インターナショナルスクールは日本初の全寮制小学校です。
    日本を含めたアジアでは全寮制の小学校はまだ少ないですが、当校が
    将来、この分野で最も権威ある学校の一つに成長することは、約束されているでしょう。
    欧米の名門校から多くのインスピレーションを得ている当校では、私が17年間校長を務めたスイスのル・ロゼ学院(Institut Le Rosey)の経験をベースに、日英バイリンガル教育を実施しています。
    このような素晴らしい学校の設立に携われたことを誇りに思います。

  • John Baugh ジョン・ボー 氏

    John Baughジョン・ボー 氏

    • The Dragon School, Oxford 前校長
      (2002年〜2017年)
    • St Andrew’s School, Turi, Kenya 理事
      (2018年〜)

    神石インターナショナルスクールは、子どもたちが人生を歩むための準備をする場所です。思いやりに溢れたプロフェッショナルな教職員と共に過ごす小規模の全寮制という環境は、子どもたち一人ひとりのニーズにあわせた教育はもちろん、社会性や情緒を育みます。
    当校は何を学ぶかではなく、どのように学ぶかについて学ぶ場所です。
    奉仕の精神とリーダーシップの関係を知り、スポーツを通じて競争と優しさのバランスを知り、思いやりは弱さではなく、強さであることを知る場所でもあります。
    規模を追求する経済や消費中心の社会から一歩離れて、子どもを中心とした場所で学ぶことは、子どもたちの未来にとって、とても素晴らしいことだと思います。

制服紹介

これからの時代に
活躍する子どもたちへ

国際的な素晴らしい環境の中で過ごす学校生活において、
この制服が自由と多様性の象徴となるようにイメージしました。
未来の紳士と淑女へ、心をこめて……。

ファッションデザイナー芦田 多恵

制服紹介
ファッションデザイナー 芦田 多恵 TAE ASHIDA

ファッションデザイナー芦田 多恵TAE ASHIDA

スイスのル・ロゼ高校を卒業後、
アメリカのロードアイランド
造形大学アパレルデザイン科を卒業、芸術学士号を取得。

1991年にコレクションデビュー、以来年2回東京コレクションに参加。
2010年、宇宙飛行士、山崎直子さんの船内服を世界で初めて手がける。
2012年、コレクションライン「TAE ASHIDA COLLECTION」を発表。
同年秋、第54回 FECJ特別賞受賞。
2013年5月より東北復興支援を目的とする高品質な小物製作プロジェクト“MINA-TAN CHARM”のデザイン及び技術指導を行う。
2016年10月、デビュー25周年を記念し、俳優の齊藤工監督によるメゾンのものづくりを描いたリアルファッションドキュメンタリー、「Embellir」を制作。
2019年3月、TAE ASHIDA 2019-2020 秋冬コレクションにて、ブラントとして初のメンズコレクションを発表。
日本を代表するファッションデザイナー、芦田淳の次女として、オートクチュールに匹敵する技術と素材でハイクオリティなものづくりを継承。
各界の著名人やセレブリティを顧客に持ち、エレガントでモダンなスタイルを提案し続ける。

1991年にコレクションデビュー、以来年2回東京コレクションに参加。
2010年、宇宙飛行士、山崎直子さんの船内服を世界で初めて手がける。
2012年、コレクションライン「TAE ASHIDA COLLECTION」を発表。
同年秋、第54回 FECJ特別賞受賞。
2013年5月より東北復興支援を目的とする高品質な小物製作プロジェクト“MINA-TAN CHARM”のデザイン及び技術指導を行う。
2016年10月、デビュー25周年を記念し、俳優の齊藤工監督によるメゾンのものづくりを描いたリアルファッションドキュメンタリー、「Embellir」を制作。
2019年3月、TAE ASHIDA 2019-2020 秋冬コレクションにて、ブラントとして初のメンズコレクションを発表。
日本を代表するファッションデザイナー、芦田淳の次女として、オートクチュールに匹敵する技術と素材でハイクオリティなものづくりを継承。
各界の著名人やセレブリティを顧客に持ち、エレガントでモダンなスタイルを提案し続ける。

DOWNLOAD学校案内パンフレット

神石インターナショナルスクール(JINIS) に興味をもっていただき、ありがとうございます。
学校のパンフレットを以下のボタンからダウンロードしていただけます。

CONTACT お問い合わせ